ウーマン

電話相談を活用しよう【親身になって話を聞いてくれる】

  1. ホーム
  2. 電話が便利

電話が便利

相談

受診前に相談できて便利

うつ病などの精神的な問題に悩んでいる人は、心療内科もしくは精神科を受診しましょう。しかし、多くの人は自分がうつ病だと気づくことはありません。ただ体調不良が長引き、原因が分からず、一人でモヤモヤと過ごすという人が多いものです。そんな時にはまず、電話相談をしてみましょう。心療内科も精神科も初めて受診するのは不安で抵抗を感じる人も少なくありません。それなら、電話で相談してみればいいのです。最近は多くの心療内科や精神科で専用ダイヤルを設けているところが増えてきています。まず、電話相談をしてみてから必要に応じて受診を勧めるといったところもあるわけです。これなら、患者自身も納得できることでしょう。また、人によっては電話相談だけで悩みを解決できることもあります。自身では重大な病気かと感じていたものの、電話相談をしたらそうではなかったということが分かることもあるのです。このように、不安な気持ちを解消するためにも、活用できるものはどんどん活用してみましょう。もちろん、全ての心療内科や精神科が電話で相談できるわけではありません。どこもこれをやっていたら、受診せずに電話だけで済ませてしまう患者が増えてしまうでしょう。それに電話だけでは正しい診察ができないこともあります。あくまでも相談窓口という点で考えておくことが大切です。少しでも日常生活に支障が出るような症状が現れているのなら、電話よりもすぐに受診することをお勧めします。それから、自身の症状がどの科を受診すべきなのか分からないという人も居ることでしょう。そんな人の迷いを解決するために電話相談が設けられている病院もあります。特に、総合病院なら安心です。電話で状態を伝えることで、適切な科を紹介してもらえます。もちろん、複数の症状があり、一つの科だけでは適切な診断ができないこともあるため、このような場合は総合病院をひとまず受診してみるといいかもしれません。その中でも、心療内科や精神科が入っているところなら、検査結果などからこちらの科も受診できることがあります。