ウーマン

心の悩みを専門家に電話相談【親身になって話を聞いてくれる】

  1. ホーム
  2. 心の相談窓口

心の相談窓口

ウーマン

積極的に利用しましょう

大きな悩みやストレスは、うつ病などの精神疾患を引き起こす原因となってしまうことがあります。うつ病は、悪化すると自ら命を絶つことを考えてしまうようになるほど、深刻な病気の一つです。しかし、なかなか精神科へ行く勇気が出ない、周りに相談するのが恥ずかしい、と一人で抱え込んでしまう人も少なくありません。そのような人のためにおすすめなのが、心の悩みを、電話して第三者が聞いてくれるという、電話相談のサービスです。電話相談を推奨するのは、どのようなときでしょうか。まず一つ目が、周りに相談出来る人がいないときです。家族や友人はいても、体に関するデリケートな悩みで相談したくない、という場合や、そもそも友人がおらず、家族との関係も悪い、といった場合、近くに相談出来る相手が誰もいない、ということになってしまいます。電話相談の相手は、事情を全く知らない第三者ですから、言いづらいことも言えるというメリットがありますし、相談相手として話を聞いてくれます。二つ目が、誰かに話を聞いて欲しいというときです。家族や友人に気軽に悩みを相談出来る場合でも、何となく言いにくい、何となく迷惑をかけてしまう気がする、という理由からなかなか言い出せないということもあります。電話相談では、相手に迷惑をかけてしまうのではないかという心配がありません。そのために存在している機関ですので、気の済むまで話を聞いてくれます。電話相談にかけて話を聞いてもらったことで、自ら命を投げ出すことをおもいとどまった、という人も少なくないのです。悩む前に、まずは気軽に電話をかけてみる、ということをしてみましょう。相談相手は、そのような仕事をしている普通の人の場合もあれば、プロのカウンセラーの場合もあります。ただ悩みや話を聞いてほしい、というときには、普通の人の場所にかけても良いでしょう。専門的に適切なアドバイスが欲しい、という場合には、プロのカウンセラーが応じているところにかけてみましょう。自分の命を守るために、電話相談サービスは存在しています。心が壊れてしまいそうなときには積極的に利用し、心をコントロールして健康な心を取り戻しましょう。