ウーマン

心の悩みを専門家に電話相談【親身になって話を聞いてくれる】

  1. ホーム
  2. 高度情報化社会のストレス

高度情報化社会のストレス

ドクター

悩みを解消しきれない心理

インターネットが普及し、毎日、世界中のあらゆるジャンルの情報がマスメディアだけでなくパソコン始め、情報通信端末機器を通じて好むと好まないに拘らずお茶の間に入り込んできます。このため、高度情報化社会から逃れられない多くの人が日常生活でも必要な情報だけを選別するのにも気を配る必要があるので疲れると言います。また、仕事上でも以前より増えた情報の中から的確な情報だけを収集して業務に活かす必要がありますが、世の中の動きが早まっているせいか、仕事を終わらせるのも以前より早まっています。従って、マイペースで仕事を進められないことがストレスとなり、心理的な疲れにつながっていると言います。こうして、仕事に従事している時間帯だけでなく、日常生活でも気を休める余裕が少なくなってきたわけです。こうした生活を続けていると自分の好きなことをしたり、家族や友人、知人とスポーツや趣味に興じても簡単にストレスが解消しなくなってしまいます。解消するどころか、心に鬱積して、いつしか心の悩みとなってしまうようです。この状態に陥ると専門医の行っているラジオの無料電話相談へ相談する人が出てくるようです。ネット社会になって以来、働く人にうつ病を患う人が増えていますが、仕事や日常生活の動きが速すぎて追いつけないために自分の進路や目標を見失って悩むだけで止まりません。仕事に熱中できなくなったり、スムーズな対人関係を築けずに心の病を発症して、心療内科等の専門医療機関でカウンセリングや電話相談を受ける件数が増加しています。しかしながら、こうした悩みを抱えた人が一人でも多く、専門医のカウンセリングや電話相談で本来の自分を取り戻して立ち返り、生き生きと生活できるようになって仕事や日常生活にまい進できる社会こそみんなの願いです。多くの人にとって住みにくい社会になっていても自分や家族に降りかかる課題から目を反らさないことが必要です。専門家のカウンセリングや電話相談を受けることは目の前に降りかかる課題を一歩ずつ切り開く術を見いだす気力を持つことです。